派遣会社とか派遣社員って何?

派遣会社。就職を考えている方もしくは社会人の方ならば誰もが一度は耳にしたことのあるであろうワードですね。
派遣会社とはその名の通り、人材を別の事業所に向けて""派遣""する""会社""のことを言います。
つまりどういうことかと言いますと、まず仕事を探している人が派遣会社に自分の希望する業種やその他経験などをもって自分のデータを登録します。そしてそこから派遣会社側が本人の希望を考慮し、それに合った企業に向けて派遣する形になります。また、そうして派遣された社員を""派遣社員""と呼びます。
この国には正社員、アルバイトなどをはじめとしていくつかの雇用形態が存在しますが、""派遣社員""というのも立派な雇用形態の一つです。ポジション的にはアルバイトと正社員の中間的な存在と言っていいのではないでしょうか。
というのにも理由があり、アルバイト用の求人サイトなどで適当に求人を検索してみると、ちらほらと派遣会社の求人記事が目につくことがあります。

 

もちろん、給料をほしいならチャットレディがいいですよ。

 

学生チャットレディのこと

 

このサイトなら学生でもできるチャットレディを紹介しています。

 

調べてみると派遣社員という勤務形態は正社員や契約社員と比べるととても自由のある幅広い働き方なのだということがわかります。筆者自身も派遣社員という形で働いていた過去があるので、その経験も踏まえながらメリット、デメリット等を解説していきたいと思います。

派遣社員であるメリット

派遣会社に登録し、派遣社員として働くことによるメリットから解説していきます。
まず一つは、とても柔軟に働くことができるところです。
派遣社員は、一度派遣会社に登録さえしてしまえばそこから多数の企業の仕事を請け負い、そこで勤務することができます。特に派遣社員の場合は、働く期間が1日〜と短く定められている場合も多く、一度登録さえしておけば学生さんなどでも短期でお小遣いを稼ぎたいときなどに決まった期間だけ勤務する、といったことが可能です。
そして二つめのメリットは給与の支払われるタイミングです。
アルバイトでも正社員でも大半の場合は月に一度、定められた給料日に一か月分の給与が支払われる仕組みとなっています。
ですが派遣社員として短期間勤務した場合、登録先の派遣会社によっては早ければ勤務後即現金手渡しにて支払いが行われることなども珍しくありません。どうしても急にお金が必要になってしまったときなどもこれなら安心ですね。
そして三つめ、自分から能動的に仕事を探す必要がないというところもメリットとして挙げられます。
派遣会社に登録しておくことによりほぼ毎日といっていい頻度で派遣会社からメールなどを用いて仕事を紹介されます。なので自分の気に入った仕事があれば派遣会社に受託の連絡をすれば即勤務することが可能となります。

派遣社員であるデメリット

派遣社員として勤務することは決してメリットばかりではありません。ここからは派遣会社に登録して勤務することのデメリットを解説していきます。
まず一つは正社員との待遇の差です。
やはり派遣社員という勤務形態は、派遣""される側""の企業として見れば他の会社に属する人間ということになってしまうので、本来から自分たちの会社に属する人間と比べた場合にどうしても待遇面は疎かになってしまいがちです。
例をあげるとすれば、私が派遣社員として勤務したときは初日から毎日数時間の残業をすることになったり、最初の週から休日出勤を要求されたりと、あまりいいものではありませんでした。一概にすべての企業がそうとは言えませんが、そういった場合も多々あると思うので注意が必要です。
二つめのデメリットは、将来的な安定性です。
派遣社員という勤務形態は、比較的簡単に仕事に就くことができる分、企業が赤字などに陥ってしまった場合、一番最初に解雇されてしまう可能性が高いと言えます。さらに、自分の車や家を購入する際に、派遣社員だと組むことのできるローンの限度額が正社員と比べてとても低くなってしまう傾向にあるため、長い目で見るなら、ずっと派遣社員として勤め続けるというのが得策とは言えないかもしれませんね。